式の準備|結婚式までにすることまとめ

式場を決定してから花嫁と新郎が行うべき準備をシュミレート

東京の結婚式場 厳選Navi

東京の結婚式場 厳選Navi

定番から注目の最新会場まで~東京のオススメ結婚式場を厳選しました

式の準備

このページでは、花嫁と新郎が行うべき結婚式準備のスケジュールをまとめています。

花嫁と新郎が行うべき結婚式準備のスケジュールとは

カップル人形ウエディングをより良いものにするためには、あらかじめ大まかなスケジュールを立て、時間に余裕をもって準備を進めていくことが必要です。

以下に式場決定以降から、当日までの3ヶ月間をシュミレートしてみましたので、ぜひ確認してください。

3カ月前~

会場との打ち合わせがスタートします。ウエディング当日までに何度ぐらい打ち合わせが必要か、双方の都合を確認しながら決定していきます。

  • 招待客リストのフィックス
  • オリジナルアイテムの制作スタート
  • 衣装試着、決定
  • 遅くともこの時期までに、結婚指輪を用意する
  • ブライダルエステのスタート
  • スピーチや演出へ関わる人への依頼

上記の中でも、招待客リストはとても重要。早めにフィックスし、招待状を発送します。

2カ月前~

会場との詳細な打ち合わせがスタートします。スムーズな進行のために、自分が行いたいウエディングのイメージを、できるだけ明確にしておきましょう。

  • 美容打ち合わせ(新婦のヘアメイクリハーサル含む)
  • メインテーブル、卓上、ケーキ、受付、ブーケなどの装花相談
  • 披露宴の進行と内容打ち合わせ(料理、ケーキ、写真、引き出物、会場レイアウト、ペーパーアイテムなど)
  • 演出・BGM打ち合わせ
  • 二次会を行う場合、会場を探して予約を入れる

これらの打ち合わせは、専門分野の担当者と別個に行っていきます。前もってプランナーに相談しておけば、1日で何人もの担当者と話ができます。

なお料理や装花などは、幅広い種類の中から選ぶため、思っているよりも多くの時間がかかると考えておきましょう。

1カ月前~

発送した招待状の返信状況を確認し、招待客の人数を最終決定します。

会場との打ち合わせがスタートします。ウエディング当日までに何度ぐらい打ち合わせが必要か、双方の都合を確認しながら決定していきます。

  • 会場側との最終打合せ
  • 会場側の最終見積作成
  • 席次表の作成
  • 宿泊ゲストのホテル手配
  • 司会者との打合せ
  • 花嫁の手紙や謝辞の準備

準備もいよいよ佳境に入ってきています。特に挙式は、何度かのリハーサルを通して、当日の雰囲気をつかんでいくことになるでしょう。

1週間前~

最終確認の時期です。新婦は当日に向け、自分磨きを最終調整していきます。

必要なアイテムがすべて揃っているかを確認も大事。持ち込みアイテムに漏れがあると、当日に大慌てとなるので、事前にリスト化するなどしておきましょう。

また費用の清算やお車代の用意もこの時期に行っておくと、慌てず、騒がずに当日を迎えやすくなりますよ。

 
東京の結婚式場 厳選Navi