婚約・結納|結婚式までにすることまとめ

結婚準備の初期段階である婚約・結納・顔合わせについて

東京の結婚式場 厳選Navi

東京の結婚式場 厳選Navi

定番から注目の最新会場まで~東京のオススメ結婚式場を厳選しました

婚約・結納

このページでは、結婚準備の初期段階として、婚約・結納・顔合わせはどこまで行うべきなのかをリサーチしています。

婚約・結納・顔合わせとは

婚約指輪イメージ結婚は、ひと組の男女の合意のもとに行われるものです。まずはプロポーズでお互いの意思を確かめ合うことになりますが、その際は男性が特別の場所をセッティングし、女性にエンゲージリングを贈るというケースが多いようです。これを女性が受け取れば、取り敢えずふたりの間に「結婚の約束」ができあがったことになります(もちろん近年は、女性から男性に結婚を申し込む、という場合もあります)。

しかし結婚は、ふたりが納得するだけでなく、双方の家族にも祝福して欲しいものですよね。すでに公認の仲であったり、親元と離れて暮らしているため面識がなかったりと、ケースはさまざまですが、いずれにしてもきちんと報告をする機会は、設けておきたいものです。

こうした婚約報告には、古式ゆかしいものから、現代的なものまでバリエーションがあるので、家族とよく相談のうえ、自分たちに合うスタイルを選択してゆくと良いでしょう。

結納

寿イメージ日本に古くから伝わる婚約形式は、結納と称されます。結婚式の半年~3ヶ月前に行うもので、取次役として仲人を立て、結納品を持参のうえ、双方の家を往復しました。

結納品を受け渡しする部屋は慶事にふさわしく整える、カップルは礼装する、仲人へのお礼を考えるなどの形式ばった作法が多いこと、また仲人制がほぼ消失しつつあることから、あまり一般的でなくなっているのが、現状です。代わりに増えているのが略式結納(顔合わせ)です。

顔合わせ

格式張った結納が廃れているとはいえ、両家顔合わせの必要性は普遍です。そのため近年は、双方の家族が集まり、ホテルやレストランで行う略式結納(顔合わせ)が一般的になってきています。

開催時期は挙式の半年~3ヶ月前。本人と両家の親で行い、兄弟などは参加しなくても構いません。会場として人気なのは、以下の2つです。

  • ホテル・式場…一室を貸し切って行う。結納専用のパックプランを設けている会場も多く、結納品や食事、そして会場費がセットになっているため進行がスムーズです。ただの顔合わせとは異なり、男性側は結納金(50~100万円)を用意する必要があります。それ以外のプラン費用は50万円前後となります。
  • レストラン・料亭…あらかじめ一室を予約。内容についても店側と相談し、ふさわしい料理や予算(平均は約6万円)を打合せします。結納品は用意せず、男性が婚約指輪を贈ったり(すでに贈っている場合は改めて確認してもらう)、女性がお返しとして腕時計などを贈るケースが多いようです。

費用は基本的に、両家で折半になると考えておきましょう。遠方から訪れる人がいる場合は、交通費や宿泊費も計算に入れておく必要があります。

 
東京の結婚式場 厳選Navi