レンタル衣装・ドレス事情|結婚式場選びの基本

ウェディングドレスやブーケなどの小物選びのポイント

東京の結婚式場 厳選Navi

東京の結婚式場 厳選Navi

定番から注目の最新会場まで~東京のオススメ結婚式場を厳選しました

HOME » 結婚式場選びの基本をおさらい » 衣装・小道具にもこだわりたい

衣装・小道具にもこだわりたい

このページでは、結婚式場のレンタル衣装・ドレス事情をチェックしています。

結婚式場のレンタル衣装・ドレス事情

ウェディングで、花嫁を華やかに彩ってくれるドレス。ウェディング/カクテルドレスを合わせて
1日に2~3着に袖を通す新婦が多いようです。その入手法はレンタル/購入の2種類です。

レンタルの場合

ウェディングドレスイメージ高価なドレスや着物を販売価格よりグッと安く借りられる(数着で20~25万円程度)のが、何よりのメリット。「1度しか着ないものだし」と割り切れる女性にはぴったりです。

式場付属のドレスショップや、提携店からレンタルするのが一般的ですが、バリエーションがどのくらい豊富かは場所によって差があります。
会場選びの重要なポイントのひとつとなりますね。

下見は挙式の数ヶ月前からスタートし、1ヶ月前までにサイズ直しやフィッティングを行います。

購入の場合

ドレスの画像購入とひと口に言っても、既製品とオーダーメイドの2種類があります。相場は
1着50~100万円程度です。

オーダーメイドは仕上がりサイズやデザインを、自分好みに仕上げられます。個人の服飾家にお願いすることで節約できる場合もありますよ。

ただし仮縫いなどに多くの時間がかかるため、少なくとも4ヶ月~半年前から準備する必要があります。

既製品はデザインに妥協が必要な箇所はあっても、サイズ合わせは比較的迅速に行われるので、
挙式まであまり時間がない場合に重宝します。

いずれも色染めやデザイン変更でパーティドレスへのリフォームが可能なので、上手に活用すれば末永く愛用できる「ここぞ」のドレスになってくれますよ。

ドレスの種類

ウェディングドレスには以下の代表的なラインがあります。自分の好みを把握しておくと、チョイスもスムーズです。

  • Aライン【シンプル/クラシック系】…ウエスト位置が高く、裾にかけて徐々に広がるシルエット。
  • プリンセスライン【かわいい/ゴージャス系】…ウエストから切り替わったスカート部分がチュールなどの素材で大きく膨らんだデザイン。
  • マーメイドライン【大人/プリンセス系】…上半身~腰までがボディコンシャスで、裾が人魚の尾びれのように広がっているデザイン。
  • エンパイアライン【大人/シンプル系】…胸下からの切り替えでスカート部分が長いのが特徴。妊娠中の花嫁でも無理なく着用可能。

小物はどうする?

ドレスが決まったら、小物選びも忘れずに。意外に費用がかさむこともあるので、事前に予算を設けておきたいものです。

  • ブーケ…1万5,000円~7万円。式場提携のフラワーショップは値段が高くなります。
  • ベール…レンタルで3,000円~5万円と幅があり、長さによって値段が変動。
  • アクセサリー…5,000円~10万円。宝石店からのレンタルは費用が嵩みますが、全体の質を落とさないために、なるべく本物を身につけたいもの。

ウェディング小物イメージそのほかティアラやクラウン、グローブ、インナーなども用意する必要がありますが、レンタルの際はおトクなセット料金が用意されていることも多いようです。

そして忘れてはならないのが、新郎の衣装。挙式と披露宴を合わせ、最低2着の用意が必要ですが、ほとんどの場合がレンタルで賄われているようで費用総額は15万円程度です。

新郎とのバランスが悪いと、いくらドレスが豪華でも見栄えが悪くなるので、予算をきちんと確保してくださいね。

 
東京の結婚式場 厳選Navi