式場の種類とその違い|結婚式場選びの基本

ホテル・ゲストハウス・レストランウェディングの特徴

東京の結婚式場 厳選Navi

東京の結婚式場 厳選Navi

定番から注目の最新会場まで~東京のオススメ結婚式場を厳選しました

HOME » 結婚式場選びの基本をおさらい » 式場の種類とその違い

式場の種類とその違い

このページでは、ホテルでの結婚式・レストランウェディング・ゲストハウスでの結婚式などを例に、式場の種類とその違いを紹介していきます。

ホテルの結婚式・レストランウェディング・ゲストハウスの結婚式の違い

クローバー画像結婚式や披露宴を行う際、会場選びは重要なポイントとなります。

以下に代表例のメリット・デメリットを紹介しますので、予算や列席者の都合なども考慮しながら、最適の会場を選んでくださいね♪

※下記表内の予算は、70~80名程度を招待した一般的なプランの場合です。

ホテル

定番会場として安定した人気を誇っているのが、ホテルです。

メリット
  • チャペル、美容室、更衣室などの設備が充実している。
  • 遠方からのゲストがそのまま宿泊できる。
  • ブライダルフェアを開催しているところが多い。
デメリット
  • 1日に複数の挙式が組まれているので、時間制限や鉢合わせが生じる。
  • 演出の自由度が低い。
予算 330万円

有名ホテルの場合は実績や信頼感が高いので、会場のバリューがそのまま式のグレードをアップしてくれるというメリットもありますよ。

専門式場

スムーズな進行を期待できるのが、専門式場です。

メリット
  • さまざまな挙式スタイルに対応できる式場、そして披露宴会場を完備。
  • 経験豊富なスタッフが親身にサポートしてくれる。
  • トレンドに敏感なため演出の自由度が高く、ドレスのバリエも豊富。
  • ブライダルフェアが常時開催されている。
デメリット
  • 1日に複数の挙式が組まれているので、時間制限や鉢合わせが生じる。
予算 306万円

ウェディング専門の会場であることが、何よりも魅力的。他の会場で想定される不安材料も、気にしなくて済みます。費用もホテルより節約可能ですよ。

また遠方からのゲストのために、提携の宿泊施設を紹介してくれる場合も多いようです。

ゲストハウス

利用者が年々増加しているのが、ゲストハウスです。

メリット
  • 1日1~2組の利用なので、貸切に近い感覚が味わえる。
  • 演出の自由度が高く、アットホームでオリジナリティあふれるウェディングが実現可能。
デメリット
  • 控室や更衣室などの数が少ない。
  • 料理、衣裳、設営などを一から持ち込むため、費用が嵩む。
  • 遠方からのゲストのために、宿泊施設の手配を一から行う必要有。
予算 370万円

雰囲気作りや演出の自由度の高さはピカイチなので、自分たちらしさに溢れた手作りウェディングを実現したい人に、おすすめです。

レストラン

少人数の暖かな雰囲気の中で、ウェディングを楽しめるのがレストランです。

メリット
  • 何よりも料理がおいしい。
  • 丸1日の貸切も可能で、手作りの演出が映える。
  • 費用が安い。
デメリット
  • 招待できる人数が限られる。
  • 控え室や更衣室などの数が少ない。
  • 遠方からのゲストのために、宿泊施設の手配を一から行う必要有。
予算 260万円

宗教や格式にとらわれない自由な結婚式を行いたい人には、ぴったり。

料理のアレンジに細やかに対応してくれる会場も多いので、新郎新婦の個性が表せるメニューは、どんどん提案してみましょう。

 
東京の結婚式場 厳選Navi